風見鶏のこだわり

風見鶏のラーメンは毎日炊く「動物系」「魚介系」2種類のスープが味の基本。
そこに自家製の塩ダレ・醤油ダレ・香味油と合わせて仕上げます。

鶏白湯スープ

コクの強い奥美濃産の丸鶏、もみじ、鶏ガラを1つの寸胴の中に70kg以上使用。
寸胴にパンパンに入った鶏を長時間かけて煮込み、手作業で絞り出して完成させる鶏100%の超濃厚スープ

魚介出汁

京都の老舗メーカーから取り寄せる厳選した4種類の削り節を贅沢に使用し、旨味を抽出。
サバ・ウルメ・メジカ・カタクチイワシを異なった時間や温度帯で最大限旨味を引き出した、魚介100%の出汁です。
深みある一杯
「鶏白湯スープ」と「魚介出汁」
鶏白湯スープだけで作った濃厚なラーメン。
魚介出汁だけで作ったアッサリだけどインパクトのあるラーメン。
2つを合わせた旨味とコクの強いラーメン。

それぞれに特徴をもった風見鶏のラーメンをお楽しみ下さい。
風見鶏メニュー
風見鶏こだわりの麺
当店ではラーメンやつけ麺・まぜ麺など、
メニューによって常時3種類ほどの自家製麺を使い分けています。
それぞれ原材料の違う麺の温度管理を徹底し、
最高の状態でお客様にお出しできるよう心がけております。
風見鶏の歴史

2013年、風見鶏 稲沢店オープン

2013年にRAMEN風見鶏本店を稲沢市にオープン。
まだ鶏白湯ラーメンが愛知県になかった辞退に、いち早く鶏白湯ラーメン専門店としてオープン。
2023年4月、お客様に支えられて10周年を迎える事となりました。

2019年、かざみどり 大須店オープン

本店の味をそのままに、店内の雰囲気や器・トッピングを一新し、
姉妹店として中区大須にオープン。
おいしいラーメンを食べていただくために
風見鶏の鶏白湯はトリを丸ごと感じられるスープ
奥美濃から取り寄せる国産の鶏ガラもみじの他に、大量の丸鶏を使う事で、一口のむだけで口一杯にトリの旨味が広がります。

チャーシューにも、トリモモ肉やムネ肉を異なった調理法で使う事で、
一杯のラーメンでトリの美味しさを最大限引き出したいと考えております。
ぜひ一度、ご堪能ください。
ラーメン風見鶏は現在「稲沢本店」と、姉妹店である「かざみどり大須店」の2店舗を営業しております。
風見鶏の核である鶏白湯スープは、一括で製造する事でどちらの店舗もお客様に変わらない味を提供する事を心がけています。
チャーシューは店舗ごとに種類や味付けを変えておりますので、変化も楽しんでいただけます。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。
風見鶏メニュー 店舗一覧